株式会社 ジャッド Judd. Co., Ltd. note

#クールチョイス鹿児島2018

エコドライブでガソリン代が25%も少なくなる!?、車を持たないカーライフ

<エコドライブ・カーシェアリング>
エコドライブでガソリン代が25%も少なくなる!?
エコドライブについて知りたくて〈JAF鹿児島支部〉白濵さんを訪ねました。
五瀬>最近、巷でエコドライブというのをよく聞くのですが、そもそもどういった運転なんですか?
白濵>はい。エコドライブとは、CO2削減を目指して地球に優しい運転をすることです。ですが、個人的には自分の小遣いを稼ぐ感覚でエコドライブをして欲しいと考えてるんです。
五瀬>えっ?自分の小遣いを稼ぐとはなんでしょうか?
白濵>(ニヤリ)こちらを見て下さい(A参照)。
白濵>JAF鹿児島支部では、普段の運転とエコドライブ講習後の運転を比べてみて、その差を実感するというエコトレーニング講習会を行っています。これはその結果診断書です。
五瀬>ふむふむ…。
白濵>エコドライブで1ℓあたり、5kmくらい多く走ることができていますね。年間10,000km走ると仮定すると1ℓ150円でガソリン代は年間約29,700円、CO2も約459kg削減できています(B参照)。
五瀬>確かに…この差は大きいですね。これならエコドライブしてみたくなりますね! でも実際にエコドライブをするには、どういった運転を心がければ良いのでしょうか?
白濵>まず出発前ですが、❶タイヤの空気圧のチェックをして下さい。あと❷余分な荷物を降ろす事ですね。それだけでずいぶん燃費が変わります。
五瀬>ふむふむふむ…。
白濵>次に発進時。ここがガソリンを一番消費してしまうポイントです。エンジンがアイドリングの状態の時、アクセルを踏まないでも車両が動くことをクリープ現象と言います。その❸クリープ現象で車体がしっかり動き出したあと、緩やかにアクセルを踏んで発進しましょう。
五瀬>なるほど。発進は一番燃料を使うので、ここが重要なポイントになりそうですね!
白濵>最後のポイントは、停車時です。進行方向の赤信号など、交通状況から❹停止することが分かった場合は、早めにアクセルから足を離して、エンジンブレーキで減速して下さい。そうすることで燃料カット(燃料供給を遮断する機能)が作動して、燃料の消費を抑えることができます。また、❺アイドリングストップは待ち合わせや荷物の積み下ろしなど安全な場所で実践しましょう。
五瀬>なるほど。あくまでも安全かつ円滑な交通を第一にして、その上でエコドライブを実践していこう!ということですね。
白濵>そうですね!
五瀬>僕もエコドライブができそうな気がしてきました!
白濵>エコドライブで(お小遣いも貯めながら)地球にもやさしい楽しいカーライフを送ってくださいね!

車を持たないカーライフ
カーシェアリングという新しい選択
「大学生だから、車の維持費などを考えると経済的に厳しいな。そもそも使用頻度も高くないし。でも車を使いたいと思う場面はあるな」これが、私がカーシェアリングの選択をしたきっかけでした。
最初は地球環境のためだとかは思っておらず、自分の生活スタイルにあうカーライフとしての選択の結果がカーシェアリングでした。現在、〈タイムズ〉のカーシェアリングサービスは、鹿児島市では「JR鹿児島駅」から「JR谷山駅」にかけて配備され、ここ数年で本当によく見かけるようになってきました。また、自動車の1日あたり平均稼働時間は日本で28~37分(国土交通省「『都市における人の動き』)とのこと。車を持たないことで、利用時間はさらに抑えられ、環境にも優しいということを考えるとシェアという選択は今後の日常の選択として意義があることだと実感しています。

取 材/五瀬 駿一(大学生)
協 力/JAF鹿児島支部
タイムズ24株式会社


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。