#クールチョイス鹿児島2018

どうせ買うならエコカー!

エコカーって、なんだ?
エコカーとは「環境負荷が少ない自動車」一般のことで、日常的には、次世代自動車とほぼ同じ意味で用いられていると考えて差し支えないだろう。実際、減税・免税対象になっているのは次世代自動車の類である。ちなみに、日本で一番普及しているエコカーはハイブリッドカー。EVやPHV、水素自動車はさらに先進的な技術だ。

なんでエコカー?
なぜ、このような減税措置があるのかといえば、国がエコカーを普及させたいからだ。天然資源の枯渇や温室効果ガスによる温暖化、大気汚染は世界的に解決すべき課題で、「環境負荷が少ない自動車を開発する」というのが世界的な流れになっている。そのため、基準をクリアした車に対し減税することで、エコカー購入を促進しようというわけである。
これから普及していくであろうEVやPHVなどは、街中の充電インフラや車両価格、航続可能距離など、使いやすさの不安を感じる人もいるだろう。一方で、ユーザが増えなければ製品単価は下がらないし、インフラを増やそうというビジネスも広がらない。エコカーを普及させるためには、技術開発と使いやすさ、我々のライフスタイル(使おうという意識)をトータルでデザインする必要がある。そこで、2つの事例を紹介したい。

_実際にエコカーに乗っている人のライフスタイル
約20年前に日置市に移住した大寺さん。地域の人と共に暮らし、移住者の支援などもしている。東日本大震災を機にエネルギーについても考えるようになったそうで、ご自身も電気自動車を所有している。ご自宅のアトリエの下では、電気自動車が夜間電力でも充電されていると伺った。

エコカーに乗ってみる
世界で初めて新世代電気自動車を量産化した三菱自動車を取材し、発売されたばかりの最新のPHEVに試乗した。プラグインハイブリッドはPHV、PHEVと略されるが、このメーカーはElectricの“E”を入れることにこだわる。この車のガソリンエンジンは、発電機としての性能が高く、ガソリンを使う場合も走ることで発電し、電気モータ主体で走行する。走りは非常に静かで、加速がかなりスムーズ。ハンドルも、重すぎず軽すぎず、女性でも抵抗なく運転できそうだ。また、この車はV2H(Vehicle to Home)がウリ。車体を電源として用いることで、家庭で必要な電力を供給することも可能。鹿児島で行われた野外映画イベントでは、電源として活躍したこともある。この技術は、キャンプの他、送電が失われた際の被災地支援にも有用だ。

未来に向けて
資源エネルギー庁『日本のエネルギー』(2017年度版)によれば2016年現在、日本の電力の約90%は化石燃料に依存している。電気で駆動する自動車を普及するならば、自然エネルギーの活用も含めた発電方法にシフトする必要がある。どのような自然エネルギーを用いると効率が良いかは、地域ごと異なるだろう。研究者やメーカーが技術開発を進めると同時に、それら先端技術を試す「場を提供すること」、「自ら試すこと」も、各コミュニティに求められる。「どうせならエコ」の構えでトータルなコミュニティデザインを目指したい。

<エコカー>
取 材/菅野 康太
協 力/大寺 聡(イラストレーター)、三菱自動車


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

宅配ボックスをDIY!

 

<低炭素物流の普及促進>

みんなの幸せの為に、
再配達を減らし低炭素物流を推し進めよう!
仕事を終えて帰宅。業種の特性なのか、マイペースな性分が原因なのかは分からないが、動画制作を生業にしている僕の帰宅時間は至って遅い。帰宅時の楽しみは、よく冷えた炭酸水。寝起きにも欠かさず愛飲していることもあり、その減りは早い(他の家族が勝手に飲んでいることは見て見ぬフリをしている)。ケース買いで家に常備し、絶えず6本になるように冷蔵庫に補充する。うっかりストックを切らしてしまい、帰宅してからまたコンビニに買いに行くという現代の苦行を、今まで何度か味わった。あるはずのものがそこに無い。それだけで人間はあんなにも落ち込み、そしてうなだれてしまう生き物なのだ。
配達業者の方に二度手間を強いることになる再配達ともなると、その絶望は計り知れない。きっとトラックから家の前まで荷物を持って、笑顔でインターフォンを押してくれたに違いない。炭酸水のケースは、少なく見積もっても6kgはくだらない。炭酸水の自家消費がピークを迎える真夏ともなれば、2ケース(12kg)買いでも追いつかない。そんな荷物の配達先にいるはずの人がいない。もはや、配達業者の方にとっては苦行でさえも無い。その采配が他者に委ねられている時点で、この世の地獄とも言える。さらに絶望的なのは、僕が念入りに再配達の依頼をかけたところで、確実に受け取れる保証がないことだ。そう、いつどこで入るのか分からないのが、飲み会の誘いというものであるからだ(家族はアテにならない)。
3度目の再配達でようやく受け取った炭酸水のケースに少し付いていた桜島の灰を払いながら、僕はこう思った「誰かが自分の代わりに荷物を受け取ってくれればいいのに…。そうだ、僕の代わりに宅配ボックスがあればいいんじゃないか?」そう気づいた僕は、みんなの幸せのために立ち上がることにした。宅配ボックスを作ることにしたのである。

取 材/諏訪 太郎
協 力/中村 圭吾(sail)、松田 創意(Roam)


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

安長瑠人の“エコ住宅”探訪

<エコ住宅>
建築家の自邸への訪問
今年の春、建築家として独立された金子健太郎さんの自宅は、12畳用のエアコン1台だけで家全体の空調を賄っているという。現在、建築家を目指し日々勉強している身としては、その存在が気になり鹿児島市のある団地を訪ねることにした。教えてもらった住所を入力したナビを頼りに住宅街を進むと、いわゆる建売の住宅とは違う雰囲気を持った建物が見えてきた。おそらくあの建物であることは間違いないだろう。しかしその家は、ぼくが想像していたエコ住宅とは、ずいぶんイメージが違っていた。
訪問した金子さんの自宅は木造の二階建て。落ち着いたグレーの外装と木製の庇のコントラストが美しく、建設から約3年が経ち、存在感がありながらも新築のよそよそしさが無くなり、ちょうど周りの景色と馴染み始めていた。少し重さのある木製のドアを開け建物の中に入ると、真夏独特の蒸し暑さは感じなくなった。
リビングに進むと、庭に面して広く取られた窓から見えるシマトネリコの緑がまぶしく、学生の頃から少しずつ集めたという古い家具には天窓から取り込まれた柔らかい日光が差し込んでいた。これだけ光を取り込んでいるというのに、嫌な暑さは無い。ただ本当に居心地の良い住宅がそこにあった。ソーラーパネルを確認しようと2階に上ると、ようやく階段の壁に稼働しているエアコンを見つけることができた。やはりこの12畳用のエアコン1台だけで、家全体の空調を賄っているようだ。曇っているとはいえ、真夏の、しかも真昼の訪問であるはずなのに、動いているのはエアコン1台とは、何か魔法のようなものだと感じた。
見えないところにお金をかける
ソーラーパネルの存在感を消すために、発電効率を担保できる角度を保持しながら、屋根勾配を最大限に下げるといった建築的な意匠にも興味が湧いたが、断熱材や換気システムといった、見えないところにこそワンランク上の設備が導入されていることが興味深かった。そして、基礎さえしっかり押えておけば、モノの取り入れ方が自由になることも教えてもらった。例えば、省エネのことだけを考えれば、照明は基本LED照明を用いるが、リビングのようなリラックスしたい場所には、温かい色味を持つ白熱灯をあえて取り入れる。熱効率をしっかり考えた上で、全体的な消費エネルギーを抑える。そして少し非効率であっても感覚的な部分には、無理をせず、自分のこだわりを取り入れる。効率としての価値と感覚としての価値。その選択のバランスをとても魅力に感じることができた。
選択するのは住み心地
単純に低炭素化の促進や光熱費等が抑えられるからでは無く、「住み心地」が格段に良くなるからエコ住宅を選択する。その選択こそが結果、地球環境に優しいものへとつながっている。今回建築的な意匠だけではなく「見えないところから生まれる居心地のよさ」からも、あたらしい視点を学ぶことができた。ぼくもいつかこのような住宅を設計できるよう、また日々、建築学を精進していくことだろう。

エコ住宅とは?
「エコ住宅」とは、環境にも配慮しながら、
住み心地も格段に良くなる住まい。
再生可能な木材を使うこと、長持ちすること、冷暖房負荷をゼロに近づけること、照明・給湯エネルギーを減らすことなど、「エコ住宅」には様々な要素があります。
今回は、省エネルギー性についてより考え設計しました。特に気を使ったのは、建物外部との断熱性・気密性をしっかり高めるということ。そうすることで、家自体の保温効果が高くなり熱放出が少なくなります。あわせて建物内の各部屋の空気の循環を良くすることで、気温・湿度が一定となりやすく、年間を通してどの部屋でも快適と感じる基礎環境を作ることができます。その結果、より少ないエネルギーでの空調管理が可能となるため、光熱費も抑えることができます。加えてソーラーパネルを搭載することで、自然の力を利用して家で使うエネルギーを賄えたり、余った電気を電力会社に買い取ってもらうことで、年間を通して概ね電気料をゼロにすることできることもポイントです。
「エコ住宅」とは、環境にも配慮しながら、住み心地も格段に良くなる住まい。エコ住宅の要素を取り入れ設計したこの家に住みながら、しみじみそう感じています。

取 材/安長 瑠人
協 力/金子 健太郎


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

総合エネルギー企業に学ぶ 照明LEDから始まる環境保護への第一歩。

<照明の効率的な利用促進>
若い頃、『モテる間接照明テクニック』というような雑誌を買っては、どうやったら効率的に照明で部屋をおしゃれに見せる事ができるか?を試行錯誤していた時期があったが、どうやら今回はその話ではないらしい。
「クールチョイス鹿児島」という取り組みの一環で、照明のLED化を推進している日本ガス株式会社さんからお話を伺えることになり、大人の社会科見学に心が踊る。
さっそく日本ガス鹿児島工場を訪問し、小山さんと柿元さんにお話を伺う、
「我が社はISO14001に基づいて…」
「チョッ、ア、ISOイチマンヨンセンイチ?」
己の不勉強を悔やんだが、ISOとは、スイスに本部がある〈国際標準化機構〉という団体が定めた国際規格のことで、品質分野や医療分野などあちこちに存在する。ちなみに非常口の緑の走る人のマークは、ISO7010の中で定められている。その中でISO14001は、環境マネジメントプログラムの規格である。
日本ガスでは、照明のLED化の他にも植樹をしたり、メガソーラーで電気を作り出したりと様々な取り組みをしている。中でも驚いたのは、LEDのみを光源として栽培されている野菜だった。これなら天候や桜島の灰の影響を受けずに一年中安定して洗わずに食べられる野菜を栽培できる。しかも、この植物工場の室温を保つための冷気は、天然ガスを液体から気体にする際に発生する冷熱エネルギーを利用しているという徹底ぶり。
柿元さんは「ただ照明をLEDに換えるだけではなく、環境保護に対する意識付けや教育が重要」と教えてくれた。
いま、僕の部屋の天井にある電気はLEDではない。まずはこの電球をLEDに換えるところから「ISO 11058(いい我が家)」の取得を目指そうと思う。

地球に優しい工場を目指して

鹿児島工場では環境に関する国際規格ISO14001認証を平成14年12月に取得致しました。環境管理システム(Environmental Management System:略称EMS)の中で、省エネルギーの推進、温室効果ガス排出の削減、廃棄物の削減、環境保全活動の推進などにより、工場を挙げて環境負荷の低減に積極的に取り組んでいます。
その取り組みの一環として平成22年から照明設備のLED化を検討し、これまで中長期計画に基づき使用頻度の高い照明から優先的に更新を進めてきました。更新には使用環境に応じたIoT※化、人感センサーの導入等、相応のコストがかかりますが間引きによる必要最低限の照度確保や常時点灯を点検時のみ点灯に変更するなど、運用面の改善も重要であると認識しています。
また、ハード面だけでなくソフト面としても年1回、鹿児島工場に従事する全従業員を対象として「環境基礎教育」を実施し、全員で省エネに関する理解を深め、意識を共有しながら地球環境の保護に貢献しています。

取 材/小林 史和
協 力/日本ガス株式会社


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

暮らしの現場から

<省エネ家電の買い替え促進>
家電の世界の燃費も日々アップデート中!
一時的な出費はあるものの、古いモデルの家電を頑張って使い続けるよりは、思い切って買い替えちゃったほうが、年間の節約できる電気代の差額や性能も含めて、元が取れちゃう場合もあるのが最近の省エネ事情。液晶テレビ、エアコン、電気冷蔵庫、照明器具。家庭でのエネルギー消費量の多い代表選手たちを、省エネ性能の優れたモデルに買い替えた場合の節約金額をまとめてみました!家電ご購入の際は、是非参考にしてみて下さい。

取 材/篠崎 理一郎


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

身も心も温かくする、鹿児島の文化飲料。

<COOLBIZ・WARMBIZ>
“茶いっぺ”の風習が残る鹿児島県は、静岡県に次いで日本第2位の荒茶生産量を誇る茶葉産地。産業として本格的に日本茶の生産が始まったのは明治時代で、当時、日本茶は国内生産量の約80%が輸出向けで、生糸に並ぶ最も重要な輸出品として日本の近代化と発展を支えていた。その後、温暖な気候と平坦地を活かした生産の効率化で急成長し、昭和50年代には静岡県に次ぐ日本茶の名産地となった。かごしま茶は新茶の時期が早いのも特徴で、走り新茶として名高い品種に「ゆたかみどり」がある。1954年創業、鹿児島市に本社を構える「株式会社 下堂園」は「ゆたかみどり」の美味しさを引き出す技術の確立に尽力した老舗。茶の栽培・製造を指導する技術者だった創業者の下堂薗實氏は、「安かろう、不味かろう」と言われていたかごしま茶の評判を覆したいという不屈の精神で『千両』という銘茶を生み出した。
鹿児島の“茶いっぺ”文化が繋いできたのは、こうした先人たちの精神であり、思いやりと気遣いで心の渇きを潤す、温かさなのだ。日本一早い新茶から秋冬番茶まで多種多様で良質な茶葉を味わえる産地の特権を、県民ならば心ゆくまで堪能したい。季節にあった旬の茶葉を吟味して、適した道具でお茶の持ち味を引き出すように、最後の一滴まで注ぎきる。先人たちの偉業に想いを馳せながら、一杯のお茶が身も心も温かくしてくれるひとときを、じっくり味わおう。

取 材/中村 麻佑
協 力/株式会社 下堂園


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

みんなのクールビズ、みんなのウォームビズ

 

ページ担当者の友人に「あなたのクールビズの工夫は何をしていますか?」
「あなたのウオームビズの工夫は何をしていますか?」とお話を伺い、ページに落とし込みました。

取 材/園田 泉、丸山 智美


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

WARMBIZっていいよね!

 

鹿児島マラソン最高年齢者をモデルに起用し、THE NORCE FACE 鹿児島の協力をいただき、
ウォームビズファッションをコーディネートしました。

藤崎 重正 (82)1936年8月1日生まれ
本村 タツミ (82)1936年10月18日生まれ
(協力/ザ・ノースフェイス アミュプラザ鹿児島店 Tel 099・298・5366)


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

季節の“熱取り”野菜スープ。

<COOLBIZ・WARMBIZ>

食欲の落ちる盛夏は、
香味野菜やスパイスを
アクセントに。

〈うみねこ〉の2人は数年前まで東京で暮らしていました。遠いところから運ばれて来た食材、季節を問わずいつでも何でも手に入る素晴らしい品揃え、作りたい物を好きなように作れることは喜びでもありました。
鹿児島に来てからは素晴らしい地のものに恵まれ、たくさんのお裾分けをいただき豊かさを感じながらも、欲しいハーブが手に入らなかったり、同時期に同じ野菜を山のようにいただいて消費に困ったりしました。そんな私たちも今では売っていないハーブは各々の庭で育てていますし、どの時期にどの野菜や果物がたくさん手に入り何を作れるのか分かってきて、鹿児島の食にすっかり魅了されています。その土地にその時期にないものは、私たちの体には本当は必要ないのではないか?今この目の前にある恵みをたっぷり摂ることが南国鹿児島で元気に暮らす智慧なのではないか?そんな風に感じています。
今回ご紹介するスープはどちらも冷たいスープです。暑さで食欲が落ちる時期、体を冷やす食材そのものを選ぶこともひとつですが、香味野菜やスパイスの力を借りると食欲をそそります。特にきゅうりのスープは火を使わず切って混ぜるだけで出来るので、暑くて何も作りたくない日や慌ただしい朝食にオススメです。

A. きゅうりのスープ
1.きゅうり(さいの目切り)とにんにく(みじん切り)を刻む。①
2.ヨーグルトと牛乳を1:2の割合で混ぜ合わせ塩こしょうで味を調える。②
3.①と②を混ぜて器に盛り、パセリ(みじん切り)を飾ってオリーブオイルをまわしかける。

B. かぼちゃのスープ
1.鍋にギーまたはバターを温め、にんにく(みじん切り)と玉ねぎ(薄切り)を炒める。
2.蒸したかぼちゃ(一口大)を加えて軽くつぶし、牛乳を加えて弱火で馴染ませたら、ターメリックとガラムマサラで色と風味を加える。
3.火からおろしてミキサーにかける。
4.塩こしょうで味を調える。

取 材/海木 渚
協 力/うみねこ

うみねこ
庭を愛で、道の駅や物産館を愛する鹿児島で活動する料理ユニット。海木渚(ラブスパイス)とわたなべいずみ(ママコト)から成る。個人で活動したり一緒に組んだり、実店舗は持たずにイベント等でおいしいものを届けています。今回使用したかぼちゃは海木の庭で収穫したもの。剥いた皮は土に還しました。


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。

#クールチョイス鹿児島2018

10年先に実ること

 

“環境問題”というと、自分にはどうすることもできないとても大きな事象のように感じてしまう。私も、もともとはそんな風に思っていた生活者の一人でした。それが、ある縁から『ecocolo』というエコロジーなライフスタイルを提案する女性誌の編集に関わるようになって、少しずつ身近な事柄へと変わっていきました。そこから10年ほど経った今も、私は特別な知識を持った環境専門家ではなく一人の生活者でしかありませんが、ecocoloの取材を通じたさまざまな人や場所との出会いから、日々の暮らしの中にある小さな選択の一つひとつが環境と繋がっているのだということを学びました。
たとえば、どんな人にも身近なものである“食”。遠くから運ばれて来たものよりも、近くで作られたもの は、輸送による環境負荷が少ないだけでなく、旬のものはより新鮮でおいしく、その土地で暮らす人にとって必要な栄養素も含まれていると言われています。大きく物事を動かすような画期的なアイデアも素晴らしいですが、このような誰にでも選択できる些細なことも、時間はかかるけれどやがては揺るぎない大きな力へと変わっていくのだと思います。
振り返ると、ecocoloで仕事を始めた10年前には、オーガニックというと「怪しい」「宗教っぽい」と嫌厭されていたのが、今ではすっかり馴染みのあるものになってきました。このクールチョイスという取り組みが、取り組みではなく日々の当たり前の行動や、楽しさに変換できるようになることが、環境問題を解決するには遠回りなようで、実は近道なのではないかと思います。そして、これまで国内外たくさんの土地を取材してきましたが、鹿児島の人ほど自分の土地をまっすぐに愛している人たちは他にいないのではないかと。自分の生まれ育った土地をよりよくするための小さな選択にも、きっと惜しみない人たちなのではないかと感じました。

石田エリ(編集者)
環境に配慮したライフスタイルを考える雑誌『ecocolo(エココロ)』編集長を経て、2015年よりフリーランスに。食と旅を中心に編集・執筆活動を行う他、日本財団のプロジェクトとして、障がいのある人たちのアート活動を紹介するメディア『DIVERSITY IN THE ARTS』の編集ディレクションを担当。編集を手がけた書籍に『野生のベリージャム』(小島聖/青幻舎)、『Tokyo Eatrip』(野村友里/講談社)がある。『COOL CHOICE 鹿児島』では、トークショーに登壇し、世界中の様々な事例について紹介した。


2018年10月4日 発行
発  行/ 鹿児島市 環境政策課
鹿児島市山下町11-1
TEL 099-216-1296

編  集/ 株式会社ジャッド
清水隆司、馬場拓見
デザイン/ 株式会社ジャッド
イラスト/ オカタオカ
運営協力/ 株式会社KCR

Photo by 南修一郎(p04-05)、奥敬志(p02-03、p08)、磯畑弘樹(p12-13)
協  力/ 鹿児島大学広報センター、本田 豊洋(鹿児島大学 法文学部 准教授)
*この冊子の取材に係る情報は2018年発行時点のものです。